Interview18
改良建設部 第二工事事務所 城石尚明

土木

地下空間の


さまざまな課題と向き合い、


新たな価値を創造する

改良建設部 第二工事事務所

城石 尚明NAOAKI SHIROISHI

理工学部
都市環境学科専攻 修了
2014年入社

改良土木の基礎を学び、
その奥深さを体感

最初の配属となった設計課では、日比谷線虎ノ門ヒルズ駅の設計業務を担当しました。工事発注に向けた設計照査業務、社内外の関係者との協議などを通じて、工事が発注されるまでの基本的な流れを学ぶことができました。駅の新設によって新たな人の流れをつくり出し、街の発展に貢献するプロジェクトに参加しその一端を担えたことで、改良建設部が果たすべき役割や責任、さらにこの仕事ならではの醍醐味を認識することができました。
次の職場となった第三工事事務所では、東西線南砂町駅の改良土木工事と銀座線新橋駅の改良土木工事の施工管理業務を経験しました。初めての施工現場に身を置き、安全・品質・工程・事業費の管理とは何かをその基礎から学んでいきました。南砂町駅では、軟弱地盤の中での杭打ちに苦労しましたし、90年以上の歴史を持つ新橋駅では、その特殊な構造が工事の障壁となりました。経験工学と言われる土木の世界では、現場を体験してこそ得られる知見が多く、現場で過ごす日々の濃密な時間が、私を大きく成長させてくれました。
その後、一般財団法人運輸総合研究所に出向し、国や自治体、民間企業などから受託した調査研究業務に携わりました。特に、今後の東京圏を支える鉄道のあり方に関する調査研究では、多くの学識経験者や同業他社の経営層などと議論を交わす場を通じて、持続的な成長に向けた経営戦略のあり方について深く考察することができました。また、業務を通じて、国や自治体、同業他社をはじめ、多くの企業の方々との幅広い人脈ネットワークを構築できたことは、今後に向けて私の大きな財産になっていくことを確信しています。

柔軟な対応と強い決意で
大規模改良工事を牽引

現在は、第二工事事務所で飯田橋駅~九段下駅間折返し設備整備工事の施工管理に携わっています。この工事は、東西線における喫緊の課題であるラッシュ時の混雑緩和のため、両駅間での折り返し運転を円滑に行うための大規模改良工事です。既存施設を活用しながら、これまで折り返し運転増発の支障となっていた平面交差を解消すべく工事に臨んでいます。
工事区間が全長約400mに及び、影響範囲が広い本工事では、多岐にわたる関係者との調整についてスピード感を持って推進することが必要です。中長期の視点で解決すべき課題やそのスケジュールを設定し、社内の関係部署や取引先の協力を仰ぎながら、解決に向けて優先順位をつけて行動することが大切だと感じています。特に、営業列車が近接する場所での作業となるため、作業者の安全と安定輸送の確保を最優先に取り組んでいます。
日頃から強く意識していることは「柔軟さ」と「強い決意」を持つこと。当初の計画や既存のやり方に固執することなく、現場の状況に即したより良い計画があれば、柔軟に軌道修正を行い最善の方法を選択しなければなりません。一方、難しい課題が浮上した時には、できない理由ばかりを考えていても前に進むことはできません。「必ず解決する」という強い意志と気概を持って行動するよう心がけています。

街づくりと連携した
駅や路線の改良を推進したい

制約の多い地下空間での工事には技術的な課題も数多く浮上します。それらを乗り越えるためには、自ら積み上げてきた知識や経験をベースに多面的に考え、さらに周囲を巻き込んで知恵を出し合い、粘り強く解決へと導いていかなければなりません。そうした過程を経て築き上げた構造物が、多くのお客様の安全性、利便性、快適性を高め、沿線地域の賑わいを促進し、結果として首都圏エリアの発展にも寄与することになる。これほどやりがいを感じられる仕事は他にないのではないかと強く感じています。
今後は、少子高齢化の進展、働き方改革、技術革新などにより、お客様や社会から求められるニーズも多様化していくことでしょう。人々の行動様式や範囲の変化によって、東京という都市が果たす機能や役割も大きく変わっていくかもしれません。そうした変化を先取りし戦略的に関わっていくことも、東京の発展を考える上では重要であると考えています。最先端の技術を取り込みながら、例えば、街づくりと連携した駅や路線の改良について、よりスピーディにかつ経済的に推進していきたいと考えています。

Career

2015年

改良建設部 設計課 日比谷線虎ノ門ヒルズ駅の設計業務を担当。工事が発注されるまでの基本的な流れや地下鉄工事の一般的な施工手順を習得

2016年

改良建設部 第三工事事務所 東西線南砂町駅および銀座線新橋駅の改良土木工事の施工管理業務を経験。安全・品質・工程・事業費の管理とは何かを学ぶ

2017年

一般財団法人 運輸総合研究所
(出向)
国や自治体、民間企業等から受託した調査研究業務に携わり、大きな財産となる幅広い人脈ネットワークを構築

2019年

改良建設部 第二工事事務所 飯田橋駅~九段下駅間折返し設備整備工事の施工管理を担当。ラッシュ時の混雑緩和につながる大規模改良工事を牽引

日常を離れた異空間で癒されています
休日の過ごし方について

日常を離れた異空間で癒されています

特に遠出をするわけではないのですが、定期的に家族を連れて見知らぬ場所を旅して、美味しいものや美しい景色を楽しむことが好きです。時には学生時代の友人が住む街を訪ね、交流を深めています。日常を離れて、異空間で過ごすことで癒されています。また、4歳になる長男と2歳の長女を連れて近くの公園やプールに行って、一緒に遊ぶことも多いですね。仕事を忘れ、リフレッシュできるひと時です。

一覧にもどる

※内容は取材当時のものです