Interview10
経営管理部 経営戦略担当 三井達也

経営企画

目の前の課題に挑み、


変化を楽しみながら、自らの可能性を


広げていきたい

経営管理部 経営戦略担当

三井 達也TATSUYA MITSUI

商学部 卒
2009年入社

ビジネスの基本を身につけ、
自らを支える武器を纏う

財務部主計第一課では、 会社の予算策定や決算の取りまとめが大きな仕事になります。配属直後から月次決算の分析業務を担当しましたが、学生時代に会計について専門的に学んだことはなく、会計や財務システムを取り扱う知識を身につけることに大変苦労した覚えがあります。しかし「カネ」の動きを通して、会社の全体像を把握することができ、各部門が何をしようとしているのかを理解することができました。また、会計や財務の知識を持つことはビジネスマンとしての基本でもあり、いま振り返れば、財務部時代に培った視点や感覚を持ってそれ以降の担当業務にあたれたことが、私を支える武器になったと思っています。
次の広報部宣伝課では、TVCMやポスター等の企画立案、ホームページの管理のほか、東京メトロアプリの開発やTwitterの公式アカウントの運用にも取り組みました。CM撮影においては、社内各部門の協力が欠かせず、また多くの関係者と共に作り上げていくため、撮影当日は終了まで高い緊張感を持って臨みました。CMが無事完成し放映され社内外の反応を見られたときの手応えは、いまも鮮明に記憶しています。当時の広告表現は、地下鉄に乗ってねと呼びかけるものではなく、東京の魅力に触れていただくことを目的としたものでした。それは私自身が入社前に抱いていた「東京をもっと知ってほしい」「好きになってほしい」という想いや「東京を走らせる力」という企業理念とも重なるものがあり、有意義な仕事ができたと感じています。

経営環境の大きな変化を
乗り越えていくために

人事部労務課では、各部の動きを把握し適正な人員配置を検討する要員計画を担当しました他、定年延長制度の導入や賃金制度見直しなどにも携わりました。社員のライフプランや生活に直結するものであり、バランス感覚を持って制度設計にあたることが求められました。また、この課題に向き合う役員や役職者を集めたワーキングの事務局を務め、その運営を通じて、様々な意見を一つにまとめ上げていく力や、上職にも物怖じせずに自分の意見を伝えることができるようになったと思います。
現在は、経営管理部の経営戦略担当として、中期経営計画の進捗管理と次期中期経営計画の策定に取り組んでいます。また、定例的な業務以外にも、経営層が何を課題と捉えているのかを把握し、それに対する打ち手をスピード感をもって用意し対処することが求められています。この点は私にとってきわめて困難な課題ですが、経営層からの求めにうまく対処できたときには大きな達成感とやりがいを感じます。
いま目の前に迫る危機に対して、社会全体が新たな生活様式への移行を模索する中、これまでに経験したことのないような経営環境の変化が生じると予測されます。こうした変化に適切に対応していくために、会社の経営状況を適時適切に把握し、足下の状況で何をすべきか、またその先の将来に向けて何をすべきか、という議論を始めています。

より広い視野を養い
東京メトロの未来を見つめたい

私たち総合職社員は、どの部門にいても経営層との距離が近い環境で仕事をする場面が多いですが、その中でも経営管理部は特に経営層に近い部署だと言えます。ここにいると会社のあらゆる情報に触れることができ、私たちの手元に集約される情報によって経営層は東京メトロの現状を把握し、将来の東京メトロについて考え議論を進めていくことになります。経営層がそれらの情報をどのように捉えどう判断していくのかを間近に知ることができるのは、とても刺激的なことだと感じています。
また、部下を持つようになって思うのは、彼らの新しい挑戦を支え成功体験によって成長した姿を見られることが、私自身のやりがいにつながっているということ。多くの信頼できる上司たちが私を見守り育ててくれたように、若い人たちの成長に貢献できる存在でありたいと考えています。
これまで社内の管理部門での経験が長いため、今後は事業部門での経験や、会社を飛び出して社外での経験を積んでみたいという想いがあります。管理部門では組織全体を俯瞰して見ることができると言われますが、そのことに慣れ過ぎて、管理部門としての視点のみに偏ってしまっていないかと思うことがあります。会社を見つめる目を一度リセットするためにも、これまでとは異なる視点で東京メトロという会社を見つめ直してみたいと考えています。

Career

2009年

財務部 主計第一課 会計・財務に関する基礎知識を身につけ、会社の予算策定や決算の取りまとめる業務を担当する

2012年

広報部 宣伝課 TVCMやポスター等の企画立案、ホームページの管理のほか、東京メトロアプリの開発やTwitterの公式アカウントの運用にも取り組む

2015年

人事部 労務課 要員計画をはじめ、定年延長制度の導入、現行の賃金制度見直しなどの社員のライフプランに直結する制度設計に取り組む

2019年

経営管理部 経営戦略担当 現行の中期経営計画の進捗管理と次期中期経営計画の策定業務、ウィズコロナ、ポストコロナを踏まえた役員会議の運営

子供の成長を支えながら、多くの気づきを得ています
休日の過ごし方について

子供の成長を支えながら、多くの気づきを得ています

プライベートでは、2歳になる息子と一緒に遊ぶのが楽しみです。言葉を少しずつ覚えて、意思の疎通が取れるようになってきました。
日々成長する姿を見ながら、自分も負けずに成長を続けなければならないという気づき得ることができています。平日、毎朝早起きして保育園に送って行くのは辛いのですが、子どもを送り出した後で、自分も一日頑張ろうという気持ちになれるので、オン・オフの切り替えに役立っています。

一覧にもどる

※内容は取材当時のものです