Interview08
ICT戦略部 ICT推進・サイバーセキュリティ担当 樋口翔太

経営企画(ICT戦略)

社会情勢の変化を見据え、


ICTツールを効果的に活用して


強固な経営基盤を築く

ICT戦略部 ICT推進・サイバーセキュリティ担当

樋口 翔太SHOTA HIGUCHI

社会学部 卒
2015年入社

契約制度の適正化に取り組み、
調達ガイドラインを策定

鉄道統括部は、鉄道本部内の各部と経営層との橋渡しを担う部署です。その中で私は契約課に所属し、契約の適正化に向けた契約制度の設計やその契約制度に準じて適正な契約がなされていることを審査する業務を主に担当していました。また、当時交渉中だった日EU・EPA(経済連携協定)の締結に伴う国際調達制度の設計のために、官公庁をはじめ国内外の鉄道会社やメーカーとの調整、制度設計に向けたヒアリングなども行いました。この業務は、2017年4月に国際調達担当が新設されてからも主担当と一体となって推進しました。
さらに東京メトロとしての調達方針を定め、透明で、公正、公平な契約を行うことを宣言すると共に、その実践のために取引先との契約における遵守事項として調達ガイドラインを策定しました。このガイドラインでは、東京メトロとして遵守すべきESG(環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance))評価を意識した項目を定め、取引先にも遵守していただくものとしています。
2020年4月に実施された被服類の更新にあたっては、それまで私自身が築いてきた制度に沿うように調達計画を見直し、適切な取引先の選定が行える内容としました。遅れがあったプロジェクトを期限内に完結させる方策を考えることに加えて、社員にとっての着心地の良さを重視した制服・作業着などの素材の選定ができたと思っています。

デジタル技術を活用した
業務効率化の推進

ICT戦略部では、生産年齢人口の減少やそれに伴う運輸収入の減少などの社会情勢の変化を見据えながら、健全な財務体質の確保やワークライフバランスの充実といった多角的な経営課題に対して、ICTツールを活用した業務効率化等の貢献施策を企画し実施する役割を担っています。
そして私は、RPA(Robotic Process Automation)の導入とその推進体制を構築し、誰にでもできるような定型業務をロボット(RPAツール)に置き換えて自動化することによって、社員がより創造的で生産性の高い仕事に集中できるような環境を整備すべく業務に取り組んでいます。とはいえ当部への異動時にはすでにプロジェクトが進行していため、当初はRPA自体を学び理解するところからのスタートでした。現時点では、開発難易度や業務削減効果などを勘案して、優先順位が高い業務からRPA化に着手するところまで来ています。ロボット化によって、それまで何時間もかかっていた作業が正確かつ迅速に処理できるようになり、感謝の言葉もいただけるようになりました。さらに社内のRPA導入に関する認知、理解を向上させて、各部内で能動的にRPAの活用について検討するようになることを期待しています。
業務の効率化と一口に言っても、それぞれの部門によって優先順位や求めるレベルが異なるため、全体最適を目指すだけでは対応しきれないこともあります。費用対効果、実現可能性、納得できるポイントなどを考慮しながら、各部と協働して互いが納得できる合意点を探り、それぞれの部署における最適解を見つけることを心がけるようにしています。

東京メトロの新たな可能性を
描き出すこと

私自身の将来を見据えていま考えていることをお伝えします。短期的には、デジタル技術を活用して全社的な業務の効率化を推進するという、現在の役割を全うすることが目標です。RPAの導入推進は、各部の開発協力を得られなければ施策を前に進めることができません。社内各部署と緊密に連携しチームとして結果を出すことに、今後も継続して挑戦していきたいと考えています。また、中長期的には、東京メトロが提供するサービスの付加価値を向上させるような施策に携わりたいという想いがあります。それによって東京メトロの経営基盤が強化され、東京という都市をより良く発展させていくことにつなげられれば、入社時に抱いていた私自身の想いを叶えることになるからです。
東京メトロには、さまざまな可能性があると感じています。入社前の私も、国際業務と不動産事業をミックスさせた新たな事業の推進、東京以外のエリアに根を張るような事業の創生などを真剣に考え、トライしてみたいと思っていました。みなさんも、チャレンジ精神を持って、変革期にある当社をどのような方向に持っていくべきなのかを真剣に考えてみてください。そして入社後に、それに真剣に取り組む姿を見せてくれれば、多くのサポーターが支えてくれるはずです。

Career

2016年

鉄道統括部 契約課 契約の適正化に向けた契約制度の設計、その契約制度に準じて適正な契約がなされていることを審査する業務を実施

2019年

ICT戦略部 ICT推進・
サイバーセキュリティ担当
定型業務をロボットに置き換えて自動化することによって、より創造的で生産性の高い仕事に集中できるような環境を整備

大自然の豊かさに触れ、心身ともにリフレッシュ
休日の過ごし方について

大自然の豊かさに触れ、心身ともにリフレッシュ

休日はアウトドアで過ごすことが多いです。もともと旅行することが好きでしたが、社会人になってからは、旅行に加えてキャンプに出かけたり、フェスに参加したりする機会も増えました。最近では、式根島でキャンプをして海につながる温泉で夕陽を眺めたり、また学生時代の後輩が主催する岩壁音楽祭というフェスに出かけたりもしました。大自然を感じることによって心身ともにリフレッシュし、頭を切り替えた状態で仕事にも臨めています。

一覧にもどる

※内容は取材当時のものです