Interview09
国際業務部(海外プロジェクト担当) 秋本幸佑

経営企画(国際業務)

世界に向けて


東京メトロの存在感を


発信する

国際業務部(海外プロジェクト担当)

秋本 幸佑KOSUKE AKIMOTO

第一文学部 卒
2008年入社

その時々の課題と向き合い
経験を成長のバネにする

最初に配属となった人事部人事課では、社員の採用、異動、昇進、休職、退職等の発令業務を担当しました。当時は必要に迫られて身につけたものでしたが、就業規則をはじめとした人事関係の規程類の知識やそれらの運用経験は、課長補佐として部下を持つ立場で仕事をする上で不可欠のものであり、現在所属している国際業務部で従事しているJICAプロジェクトの中でも大いに役立っています。
次の職場は出向先の観光庁でした。当時の観光庁は、年間の訪日外国人数1,000万人を目指してVISIT JAPAN事業を展開しており、私は東アジア担当として、香港における日本向けの観光プロモーションを実施するための入札・契約・執行管理業務に携わりました。着任当初は、広告代理店との打ち合わせの中で飛び交う専門用語に戸惑うばかりでしたが、PRの手法を学び、民間の鉄道事業者や旅行業界からの出向者とのネットワークを築けたことは、帰任後の業務にも還元できる財産になったと思っています。また、各国の大臣、長官級が出席する国際会議への随行も貴重な経験でした。
需要創出・マーケティング部では、外国人旅行者やシニア層など新たなカテゴリーのお客様に向けた企画乗車券等のサービス開発・プロモーション業務に取り組みました。東京メトロ全線と都営地下鉄全線が使用開始から24時間・48時間・72時間に限り乗車できる「Tokyo Subway Ticket」は、海外や地方から東京を訪れる旅行者の利便性を追求して開発した当時の成果の一つです。また、副都心線と東急東横線、みなとみらい線などとの相互直通運転開始に合わせて、関係する私鉄5社による合同PRのための会議に出席し、約半年間の協議を経て施策をまとめ上げたことで、対外的な会議に臨む姿勢や調整力を身につけられたと思っています。

ベトナム・ホーチミン市初の
地下鉄開業に向けて

2014年からの5年弱を過ごした経営管理部では、取締役会・経営会議の事務局運営を担当しました。開催日程の調整や当日の運営、議事録作成のほか、会議に付議する基準や内容に関する各部からの問合せや相談への対応も行いました。その中で各部が抱える課題やどのような計画を立てて課題解決に動こうとしているのかを知ることができました。また、それに対する経営層の判断や意思決定の場に立ち会えたことで、私自身の将来にもつながる多くのことを学ぶことができたと思っています。
現在は、国際業務部の海外プロジェクト担当として、JICAが支援するベトナム・ホーチミン市初の地下鉄開業に向けて、地下鉄運営会社をサポートするプロジェクトに従事しています。このプロジェクトで私は、現地の運営会社の人事担当者をカウンターパートとして、人事業務全般にわたる協力・支援を行う立場にあります。入社当初に人事関連規則の運用経験はあるものの、人事制度や採用計画立案の経験がないため、不足する情報や知識のインプットと語学力の向上に努め、JICAプロジェクトに従事した経験のある上司や同僚に助言を求めながら、開業に向けて着実にその歩みを止めることなく進んでいきたいと考えています。心がけているのは東京での経験や事例を押し付けないこと。新興国の事例や情報なども含めて選択肢を提示し、ベトナムの法制度や慣習にも配慮した運営手法を確立したいと願っています。

国際業務を国際事業へと
成長させるシナリオを描く

日本初の地下鉄建設に尽力したドイツの鉄道技術者ルドルフ・ブリスケ氏のように、ホーチミン市初の地下鉄開業に携わり、現地の新たな歴史の一端に関われることにやりがいを感じています。このことは、入社前に抱いていた「人の役に立ちたい」「日々の生活に密着したサービスに関わりたい」という当時の志にもつながっていると思うからです。
また、このプロジェクトと並行して、東京メトロとしての今後の海外事業展開の戦略検討も進めています。この検討は、現在の「国際業務」を「国際事業」へと成長させていくストーリーをどう描くのかということであり、同時に東京メトロの成長戦略にも直結することなので、大きな責任とやりがいを感じています。
これからも東京という都市はあり続けると思いますが、東京と共に東京メトロがあり続けられるかどうかは、この会社の経営や将来のあり方について総合職である私たちがどれだけ真剣に考えられるかにかかっていると考えています。そして、この会社をどう成長させていくかを共に考えて実行に移す仲間、私の好きなサッカーで例えるなら、ともに汗を流しゴールを目指す仲間の入社を待っています。

Career

2008年

人事部 人事課 社員の発令(採用、異動、昇進、休職、退職等)業務を担当。当時運用していた就業規則をはじめとした人事関係の規程類の知識が現在の業務に役立っている

2010年

観光庁 出向 東アジア担当として、香港における日本の魅力をPRするプロモーション業務の入札・契約・執行管理業務を経験

2012年

需要創出・マーケティング部 外国人旅行者やシニア層など、新たなカテゴリーのお客様に向けた企画乗車券等のサービス開発・プロモーション業務に取り組む

2014年

経営管理部 取締役会・経営会議の事務局運営を担当。日程調整や当日の運営、議事録作成のほか、各部からの問い合わせや相談に対応

2018年

国際業務部 ベトナム・ホーチミン市初の地下鉄開業に向けて、地下鉄運営会社をサポートするJICAプロジェクトに従事する傍ら、今後の海外事業展開の戦略検討を進める

仲間と共にゴールを目指すサッカーが好きです
休日の過ごし方について

仲間と共にゴールを目指すサッカーが好きです

最近はあまり活動できていませんが、サッカーが好きで週末に仲間と練習試合をして汗を流していました。苦しい時こそ声をかけ合い、お互いにミスをカバーし合ったりフォローし合ったりしながらゴールを目指すのが、チームスポーツであるサッカーのいいところ。次回、ベトナムに渡航する際には、現地の運営会社のメンバーとフットサルをしようと話をしていて、そういった交流が彼らとの関係をより深めるきっかけになればいいなと思います。

一覧にもどる

※内容は取材当時のものです