TOKYO METRO RECRUITING 東京地下鉄株式会社 新卒採用情報

エキスパート職サイト Expert Positions

Interview08
日比谷線電機区 電気係 近藤将太

電機(電気職種)

自分自身の成長とともに、


多種多様な電機設備の


技術と知識を後代へ

日比谷線電機区 電気係

近藤 将太Shota Kondo

電気・電子・機械系学科卒
2013年入社

人を知る 電気の知識を生かして
人々の生活を支えたい

小学5年生の時、電気工事士である叔父の作業風景を見る機会があり、「かっこいい!」と思ったことがきっかけで電気に興味を持ち、高校は電気科を選びました。

その後、東日本大震災が発生した時、私は通学に電車を利用していたのですが、都内の交通機関が全線ストップして学校にも通えなくなってしまいました。そんな時、テレビのニュースで東京メトロが数ある交通機関のなかでもいち早く運行を再開したと知り、感銘を受けました。このことがその後もずっと頭に残り、「自分の電気の知識を生かして人々の生活を支え、安心・安全・快適を守り、何らかの事故が起こった時には早期復旧の手伝いがしたい」という思いで、東京メトロへの入社を決意しました。

仕事を知る 多岐にわたる地下鉄の
電気関連業務

電機区の保守範囲は、駅の照明や電気設備全般、エスカレーター・エレベーターなどの昇降機設備、誘導灯・非常用発電機・消火ポンプなどの火災対策設備、駅冷房・トンネル換気などの空調換気設備、ホームドア設備や列車に電気を供給する架線をはじめとした電車線設備など多岐にわたり、それらを日々点検・整備し、夜間作業時には工事監督も担当します。
先ごろ開業した新駅の虎ノ門ヒルズ駅での工事に参加したり、日比谷線初導入のホームドア設備の整備に携わったりと、最近では貴重な経験も積み重ねています。

電機区の設備はとにかく多種多様で、すべてを覚えきるのは努力が必要です。たとえば、入社当初に配属された丸ノ内線電機区から2019年に日比谷線電機区に異動となったのですが、両者では使っている電車線設備が異なるので異動当初はとても苦労しました。しかし先輩からいろいろと教えていただくとともに、電車線の研修や技能競技会といった学びの場を設けてもらったおかげで、電車線に関する技術・知識の幅を大きく広げることができました。
今後もさまざまな電機設備を取り扱う経験を積み重ねていくのはもちろんのこと、技術伝承のこともより意識していきたいです。ベテラン技術者である先輩方が自分にしてくれたように、現場だからこそ習得できる技術や知識を後輩たちに着実に伝えていくのが、自分の使命だと思っています。

この職種を目指す学生へメッセージ 陰ながら東京メトロを支える仕事

電気係の仕事は、駅係員や乗務員のように直接お客様と関わるものではなく、決して目立つ職種ではありません。しかし、電車や駅構内にあるすべての設備には電気が欠かせないので、とても重要な業務だということを常に意識して業務に携わっています。
東京メトロでは地下鉄といった空間的制約の中、独自に導入している設備が多くあり、自身の知見を広く持てる環境があります。電気に興味がある方は、ぜひ私たちと一緒に東京メトロを支えていきましょう。

Career

2013年

電気部 丸ノ内線電機区 電気係

2019年

電気部 日比谷線電機区 電気係

娘の成長を見守りながらのんびり散歩
休日の過ごし方について

娘の成長を見守りながらのんびり散歩

今は東京メトロの家族住宅に妻と娘と入居しています。休日は家族住宅内の公園や近所をのんびり散歩しています。いつも幼い娘を抱っこしながら歩いていたのですが、今年で1歳になり、歩けるようになったので、毎回少しずつ歩く距離を伸ばしています。娘の成長を見るのが何よりの楽しみです。

一覧にもどる

※内容は取材当時のものです