TOKYO METRO RECRUITING 東京地下鉄株式会社 新卒採用情報

エキスパート職サイト Expert Positions

Interview04
運転部 半蔵門線乗務管区 車掌(運輸職種) 石橋祥子

車掌(運輸職種)

電車運行の現場でお客様の


安全と安心を日々支え、


新人たちの成長を見守る

運転部 半蔵門線乗務管区

石橋 祥子Shoko Ishibashi

2002年入社

人を知る 「男性社会」だった鉄道業界で
長年、女性乗務員として活躍

父が当社で運転士として働いていたので、私は子どもの頃からなんとなくその仕事に憧れを感じていたのですが、鉄道業界は男性の仕事というイメージが強く、就職先としては考えていませんでした。しかし2000年頃、父が担当する路線に地下鉄では戦後初の女性車掌・運転士が誕生し、活躍しているという話を聞いて、考えが大きく変わりました。将来の進路に迷っていた私は、父からの勧めもあって「自分も地下鉄乗務員を目指そう」と決意、当時の営団地下鉄(帝都高速度交通営団)への入社を決めたのです。
入社後は日本橋駅務区にて駅業務を1年経験し、その後車掌の職種転換試験を受験し合格しました。以後、現在に至るまで車掌業務に携わってきました。当初は、まだ女性乗務員がめずらしかったことから好奇の視線を向けられたり、時にはお客様に「女性が車掌を務める電車には乗りたくない」と言われてしまったりと、辛い思いをすることも多かったのですが、時が経つにつれてそうしたことはなくなりました。また、私自身も周囲や先輩方の支えのおかげで、徐々に自信を持って日々の業務に臨めるようになっていきました。

仕事を知る 「車掌は自らが『保安装置』であれ」
ということを心に留めて

車掌はお客様に安全・快適に目的地までご乗車いただくため、車内放送や空調操作、ドア操作、異常時対応など幅広い業務を行います。なかでも注意が必要なのが、列車が駅に到着する前から駅を進出し終わるまでの間です。まず列車が正しく停止位置に停止したことを確認してからドアを開けます。その後、信号や発車時間、お客様の乗降状況などを確認し発車メロディを鳴動させ、目視と安全確認用テレビで異常がないことを確認した上でドアを閉める、といった一連の作業を行います。特にラッシュの時間帯は緊張の連続です。
「車掌は自らが『保安装置』であれ」と車掌見習時代から現在に至るまで上司からよく言われています。車掌が誤った判断や作業をすることでお客様の安全を損ねてしまうことになりかねないからです。私は今年で車掌経験が18年目になります。日々の乗務中で経験する通常と異なる気象状況や車両不具合、刻々と変化する状況での経験を得た際には一度自分の業務を振り返り、自分自身の作業を見直し、再確認することで、より一層お客様の安全・安心を守ることへの意識を高めています。そして新たな気持ちをもって日々の業務に臨んでいます。

この職種を目指す学生へメッセージ 充実した人財教育・指導体制と女性が働きやすい職場環境

お客様の安全・安心を支える役割を担っていることから、当社は人財教育・指導体制がとても充実しています。私もそのおかげでここまで成長することができましたし、最近では新人の教育・指導を行う機会も多くなっています。これまでに現場では3人の車掌見習を指導したほか、2016年には総合研修訓練センターの学科担当研修生指導員として、現場に配属される前の研修生を指導しました。研修生には私自身が車掌として培った経験を伝承し、確認漏れや勘違いなどの危険性を注意するよう心掛け、そして時には厳しい指導をすることもあります。しかし研修生達が無事に独り立ちし、活躍してくれている姿を見ると、頑張って指導して良かったと思います。
また、私が入社した約20年前、女性用の宿泊設備などが整備されていない職場が多かったのですが、現在ではそうした不便は少なくなっており、たくさんの女性たちが駅係員や乗務員、技術者としてさまざまな職場で活躍しています。ぜひ男女問わず、数多くの人々の生活と経済を支える東京メトロでやりがいを持って働き、成長していってほしいと思います。

Career

2002年

運輸本部 業務部 日本橋駅務区 駅務係
(現:日本橋駅務管区)

2003年

運輸本部 業務部 丸ノ内線小石川車掌区 車掌

2009年

運転部 銀座線乗務管区 車掌

2014年

運転部 半蔵門線乗務管区 車掌

自宅でゆったり手作り料理
休日の過ごし方について

自宅でゆったり手作り料理

休日の息抜きといえば、料理を作ること。特段、「これが得意!」というものはないのですが、豪華な外食よりも、手軽なものを自分で作ってゆったり夫婦で食べるのがお気に入りです。宿泊勤務の時には自分と夫の分のお弁当を作ります(写真は切干大根)。ほかにもおかずのストックとして、ひじきや胡麻和えなどを作って小分けに冷凍するなど工夫しています。

一覧にもどる

※内容は取材当時のものです