東京地下鉄株式会社 新卒情報 : TOKYO METRO RECRUITING

地方出身者対談

  • 花井 量
  • 長﨑 美恵子
  • 若本 真美
  • 菊地 紘平

01

どこで働くのかよりも、
自分が何をしたいのか

どこで働くのかよりも、
自分が何をしたいのか

  • 花井お疲れさま。今日は、地方出身者の集まりということなんだけど、何から話せばいいのかな…。そうそう、みんなは地元を離れて、東京で働くことに抵抗はなかったの?
  • 長﨑花井さん、進行役、ありがとうございます!では、私から話してもいいですか?少々、長い話になってしまいますが…。
  • 花井もちろん。それでは長﨑さん、お願いします。
  • 長﨑私は大阪の出身で、通天閣の近くでチャキチャキっと育ちまして、大学も大阪で、都市基盤工学という土木系の勉強をしてきました。インフラ系に興味があって、なかでも活躍のフィールドが広い、鉄道業界に行きたいと思った。それが1度目の就活で…。
  • 若本えっ、2度目もあるんですか?
  • 長﨑そうなの。まあ、納得できる出会いに至らずに、次の年に再度、就活にチャレンジすることにしたわけです。前年の反省を踏まえて、エリアも関西に限定せずに、業種の範囲も広げて多くの会社を見てみようと思って活動しました。大阪で開催された東京メトロの説明会に参加してみると、社員の方々が生き生きと話をされていて、そういう人たちと一緒に仕事がしたいなと思いました。それに、これから変わろうとしているというメッセージにも惹かれました。東京に来ることには抵抗はなく、むしろ日本の首都に身を置いて働くということに魅力を感じていました。若本さんと菊地くんはどうだった?
  • 若本私は、機械工学を学んだので、ものづくりの仕事がしたいと考えていました。多くの人に使ってもらえて、長く愛されるものって何だろうと考えたときに、食品と鉄道の車両を思い浮かべたのです。機械らしさという点では、食品よりも車両のほうが強いし、お客様にどう使われているのかを間近で見られるのは、車両メーカーよりも鉄道会社だなと考えました。それと、私も大阪から離れて暮らしたことはありませんでしたが、自分の居場所というものを、大阪以外の場所につくれたらいいなという想いもあって、より多くの人に使ってもらえるものづくりができるのは、東京じゃないかと…。東京メトロの利用者の多さが魅力でした。
  • 菊地私は秋田の出身で、学生時代は仙台で過ごしました。周りの先輩たちを見ていても、東京に出て就職する方が多かったので、自分もそういう選択をするのだろうなと思っていましたね。電力関係の研究をしていたので、インフラ系には興味があったんです。でも、飽きっぽい性格なので、専攻を活かした技術に携わりながらも、会社全体を見られるような部門で働ける環境を選びたいと思っていました。そんな自分がイメージしていた働き方ができるのが、東京メトロの総合職でした。
  • 長﨑メトロ以外は興味なかったの?
  • 菊地恥ずかしながら、東京メトロという会社の存在を知ったのは、大学院に行ってからのことで、就活でもエネルギー関連の会社を中心にまわっていました。メトロを知ったきっかけは、1つ上の先輩も、2つ上の先輩も、「メトロっていい会社だよ」と言うので、あっ、そんな会社があるんだと意識するようになったんです。花井さんの話も聞かせてください。
  • 花井私は愛知県の出身で、大学は京都。どこで働くかということよりも、どういう働き方をするかを優先して考えるべきだと思ってた。高校時代は部活中心の生活だったので、その反動もあって、大学時代はサークルもゼミも、バイトも頑張った。そういう生活をすることで、自分の幅が広がっていくような気がしたし、社会人になっても、幅広いフィールドで働ける環境を選びたいと思ったんだ。勤務地も東京でなければならないとも考えてはいなかった。ただ、東京メトロは上場を控えていて、これから変わっていかなければならない状況にあり、そういう環境が、自分の成長に味方してくれると思ったな。

閉じる

02

社会的影響力の
大きな事業だからこそ、
その信頼に応えたい

社会的影響力の
大きな事業だからこそ、
その信頼に応えたい

  • 花井私は現業配属以降、ずっと関連事業を担う部署にいて、不動産の用地取得や複合施設の予決算管理、そして現在は新規事業の開発の仕事に携わり、社外の方々と接する機会が多い。そういう場面で常々感じてきたのが、東京メトロに対する信頼や社会的な影響力の大きさなんだ。みんなは、この会社が、東京という街や社会に対して与える影響力について、感じたことはある?
  • 長﨑その前に、花井さんが現在担当している新規事業について、もう少し詳しく聞かせてくれませんか?
  • 花井えっ、その話!?うん、まぁそうだなぁ。いま力を入れているのは、植物工場の本格的な事業化を目指すというプロジェクトで、高架下の遊休地を活用して野菜を生産して販売するという事業。クリーンルームで農薬を使わずに育てた野菜を、いまは主にホテルのレストランなどに納入しているんだ。お客様に安心・安全を提供するという意味では、鉄道事業との親和性も高く、これまで培った東京メトロへの信頼があるからこそ、この事業への理解も深まり、事業を軌道に乗せることができていると思う。
  • 長﨑メトロの新たな可能性を広げる事業にも、鉄道事業で培った信頼が生きているんですね。私が現在担当しているCS(お客様満足度)向上に関する業務も、まさに東京メトロへの信頼を守り育てていく仕事だと思っています。お客様センターに寄せられるご意見やご要望をもとに、関係各所と調整の上、サービス改善に努めています。CS向上と一口に言っても、それはお客様に目を向けるばかりではなく、営業部の3,000名の社員一人ひとりの意識を変えて、それぞれの担当業務に誇りを持って取り組んでいただけるような環境を整備することが、CSの向上につながっていくのだと思っています。一日あたり707万人のお客様にご利用いただいているという、それほどに社会的な影響力のある会社で働いていることを、全社員が意識して、誇りを持って仕事に取り組めたらいいなと思います。若本さんは現業配属を終えてまだまもないけれど、メトロの社会的な影響力を感じる?
  • 若本私は入社後、現業配属を経て本社の車両部に配属となりました。東京メトロ最大の規模を誇る綾瀬工場で、4年周期で行われる大規模な車両のメンテナンスに取り組んでいます。社会的な影響力という点では、お客様の安全に直結する部分なので、細かな傷も見逃さないよう、故障の芽を摘むという意識で作業しています。まだまだ作業に不慣れで勉強中の段階ですが、先輩たちの不良箇所を瞬時に見つける目を養えるよう努力を続け、将来の車両の設計に役立てたいと考えています。
  • 菊地私も若本さんと同じように、現業配属の後、電気部の白金変電区に配属となりました。担当エリア内の21の変電所にある設備の保守、管理をする仕事をしています。電力会社から供給される電気を、電車を走らせる、駅で利用するなどの用途別につくりかえるのが変電所の役割です。設備の故障によって電気が供給されないと、電車が止まり、駅が真っ暗になってしまう。そういう意味では、影響力の大きな仕事を担っているわけです。もちろん、そうなってしまわないように、変電区では予防保全といって、日々の検査のなかで故障を予見し、整備していくことに力を入れています。
  • 長﨑技術系の二人にとって、現業で経験した駅や車掌の仕事って、今後は担当することのない業務かもしれないでしょ。そういうなかで、どういうことを意識していたのか、気になるんだけど…。
  • 若本車掌の仕事で、運転台に自分が立ってみて感じたことは、自分が車両をつくるときに、活かせると思いました。また、お客様がどういうふうに駅で過ごされているのかを目の当たりにして、どれだけの人に利用されているのかを実感できたことで、安全な車両をつくらなければという意識を持つことができたと思います。
  • 菊地現業で経験したことを、直接的に活かすことはできないのかもしれないけれど、その記憶の断片が残っていれば、いつかその経験というタネを、職場の意識改革だとか仕事のやり方を変えていくことにつなげられるかもしれないと思っています。なので、駅員の仕事も、車掌としても、それぞれの現場にどっぷりとつかって、多くを学ぼうという気持ちでやっていました。

閉じる

03

地方出身の視点を活かして、
メトロの魅力を
もっと多くの人へ

地方出身の視点を活かして、
メトロの魅力をもっと多くの人へ

  • 花井最前線の現場を経験できたことで、鉄道事業が、こういう人たちのこんな仕事によって支えられているんだなと知ることができた。それは、その後のモチベーションにつながっていると思っている。また、自分の会社の現場のことを、対外的に話せるのは大切なことだよね。でも、地方から上京してきて、土日に友達に会えないのは辛くなかった?
  • 長﨑現業配属のときはお盆や年末年始に、大阪に帰ることができなかったことがあって、ちょっと残念だったことはありますが、土日以外に休みがとれることの良い面もあるので気にはなりませんでした。
  • 菊地考えてみれば東京って、いろんな場所にアクセスがいいので、実家に帰るにしても、他の都市から移動するよりもずっと早く到着できますよね。その点は、安心材料かなと思います。
  • 花井なるほど。それも地方出身者ならではの視点だね。最後に、東京メトロはこういう夢を抱ける会社なんだと伝えられるように、それぞれの今後の目標について話そうか。
  • 若本まずは、車両の設計を担当できるようになることが目標です。東京に出てきたときに、東京メトロって地下鉄なのに、明るくてキラキラしているな、という印象を持ったのですが、東京にいる人にとっては、それが普通で当たり前なんですよね。だから、何も意識することなく、心地よく利用していただけるように、メトロに対して何の不満も感じさせないような電車をつくっていけたらいいなと思っています。関西には、沿線の人々にすごく愛されている路線があるのですが、メトロの沿線で暮らし、その路線を利用することを誇りに思えるような存在にしていきたいし、メトロを愛していただけるような車両をつくり続けたいですね。
  • 菊地頼もしいね。私は仙台に住んでいた頃、地下鉄の新たな路線の開業に至る過程を見ていて、地下鉄が走ることの影響力を、間近で感じてきました。地下鉄が通ることで、沿線地域の暮らし方が変わったり、遊びに行く場所が変わる。地域を変えていくパワーを感じました。東京で、そんな地下鉄のパワーを引き出せるような仕事に、自分の専門である電気を軸にして、取り組んでいきたいと思っています。いまはまだ、その具体的なイメージがあるわけではありませんが、さまざまな角度から鉄道事業を見ていくことができるのが、東京メトロの総合職だと思うので、このポジションをフル活用して、そのパワーを最大限に引き出していけるような人間になりたいと思います。
  • 長﨑私は、業務上、他の鉄道事業者との意見交換を行う場に立ち会う機会があるのですが、東京メトロの取組みを紹介すると、他社の担当者から、メトロさんってすごいですね、そこまでやっているんですかと言われることが多いです。日本の首都を支える、日本経済を支えるという重要な役割を担っている企業なので、これから先も、他社から見本にされるような存在でありたいですし、そうあり続けていくために、私自身も成長を続けて、多くの人たちを巻き込むようなスタンスで、新しいことにチャレンジし続けたいなと思っています。
  • 花井私は京都で就活をはじめた頃に、東京メトロの存在に気づけたのは、京都の市営地下鉄が行ったエキナカ開発を、東京メトロのグループ会社がプロデュースしたことを知ったからなんだ。その商業施設には、京都初上陸のテナントも入っていて、京都の人たちはその店の商品を買い求めるために、長い行列をつくっていた。学生なりに思ったのは、東京を拠点に仕事をしていても、地方にこんな関わり方ができるんだなということ。これから仕事をしていくなかで、目標の1つとして持っていたいのは、地方にも、そういう影響を与えるような成果を残していくこと。それが新規事業を地方へ展開していくことでもいいし、鉄道サービスが、地方へと伝播していくのでもいい。そういう関わり方をしていくことも、1つの軸として持っていたいなと思うんだ。
  • 長﨑いいですね。私も花井さんの意見に一票!とても有意義な時間でした。ありがとうございました!!

閉じる