東京地下鉄株式会社 新卒情報 : TOKYO METRO RECRUITING

スペシャル対談 技術職種 土木・建築 同期対談

  • 土木職種 林田 真澄
  • 建築職種 碓田 将大

01

東京メトロとの、二人の出会い

東京メトロとの、二人の出会い

  • 碓田久しぶり!…でもないか…(笑い)。
    ちょっと前に、駅で会ったばかりだね。
  • 二人とも馬込にある独身寮に住んでいるからね。とはいえ、同期といっても所属部署が違うから、会って話すこともけっして多くはないね。いい機会だから、あらためてゆっくりと話そうよ。まず、碓田くんの入社動機を聞かせてよ。林田
  • 碓田まず、土木を学んできたので、その知識を活かしたいと思った。建設会社に目を向ける友人も多かったけれど、僕は、そうじゃなかったんだ。早い時期から鉄道関係に注目していて、なかでも東京メトロのブランド力と、地下という特殊な空間で行う業務である点に魅力を感じた。林田くんは?
  • 東京メトロに卒業生が数多く在籍していると聞いて、鉄道会社に建築系の仕事があることを知ったんだ。それだけ多くの先輩たちが働いているという安心感もあったし、自分にも力を発揮できる場所があるはずだって思った。林田
  • 碓田入社したら、自分がどんな仕事に就くのか、具体的なイメージはあったの?
  • 駅の工事を監理していく仕事なんだろうなという漠然としたイメージはあったけれど、そのために社内の各部署との調整や、社外との事前協議がこれほど必要だってことまでは見えていなかったかな。入社以来、現場で安全・品質の工事監理がメインだけど、契約書類の資料作成やデスクワークも業務としてあるんだって感じた。林田
  • 碓田僕も入社前は、既存の土木構造物の維持管理の仕事をイメージしていたけれど、入社してみると改良建設部に配属されて、駅の改良等に携わっている。これまでに3つの職場で仕事をしてきて、そのうちの2年間は現場も経験してるけど、現在の担当業務は技術的というよりも事務的な仕事なんだ。
  • 僕にはまったく想像できないんだけど、企画担当というのはどんな仕事なの?林田
  • 碓田主に中期経営計画に基づいた業務で、部内における予算管理と行動計画のフォローアップの二つを中心に担当している。具体的には、改良建設部としての年間予算が適切に執行されるように管理する業務と、部内で定めた年間計画の進捗を管理する業務。経営管理部や財務部をはじめとした関係各部とやりとりしながら関連情報を取りまとめ、部として発信していく資料等を作成している。部内でいま何が起きているのか、今後どのような計画や施策が実施されるのかを常に把握していなければならないから、毎日が勉強だね。

閉じる

02

苦難を乗り越えた先の、達成感

苦難を乗り越えた先の、達成感

  • 碓田今度は林田くんの仕事の話を聞きたいな。これまで数多くのプロジェクトに携わってきたと思うけど、そのなかでも特に印象深い仕事は?
  • 確かに大小さまざまな工事に携わり、その結果としてお客様に使いやすく快適な駅を提供できていると感じられることが、建築の仕事の醍醐味だと思ってる。なかでも印象深い仕事というと…そう、神田駅の改良工事かな。いま銀座線全駅のリニューアルが一大プロジェクトとして進められているけど、それは単なる駅の改装というよりも新駅の開業に相当するような大規模な工事ばかりなんだ。このプロジェクトの一環としての神田駅の改良工事に、事前準備の段階から仕上げの段階にまで携わることができたのは貴重な経験だったと思う。古い駅から新しい駅へと生まれ変わる、その流れを一通り見て学ぶことができたからね。林田
  • 碓田その過程では、多くの苦難を経験することになった?
  • そうだね。これは技術系の仕事に共通する課題だと思うけれど、僕たちの仕事によって、日々の列車運行に支障をきたすことがあってはならないでしょ。だから、工事に関連する部署の方々と知恵を出し合い、協力し合いながら、お客様の安全を第一に考えて、さまざまな難関を乗り越えていく必要がある。だから、プロジェクトを通じて築かれた各担当者間の関係は、この先も大きな財産になると思う。碓田くんにも、成長の節目になったような印象的な現場があるでしょ?林田
  • 碓田やっぱり現場にいた頃のほうが、印象深い出来事は多かったような気がするね。2年間の現場経験のなかでは2つあって、1つは銀座線の京橋駅での隣接ビルへの接続通路の設置工事かな。行政機関や外部企業との協議から入り、関連部署との調整を経て、地下構造物を完成させて施設工事へと引き継ぐまでの一連のフローを経験したことで、勉強になった。これは初めて担当した現場だったので、完成後の通路を実際に歩いて、大きな達成感を味わうことができたよ。
  • 僕たちの仕事の一番のやりがいは、自分が担当したもの、手がけたものがカタチとして残ることだからね。もう1つは?林田
  • 碓田東西線南砂町駅の大規模改良工事を経験できたこと。都市土木のなかでも、近年ではなかなか経験することのできない大規模な掘削工事に携わることができたのは、実に有意義であり、多くのことを学ぶことができたよ。
  • 考えてみれば、改良建設部と工務部の仕事はつながっていて、互いに連携しながらそれぞれの役割を果たしていく。まだ同じプロジェクトを担当したことがないから、二人が仕事で顔を合わせることはなかったけど、将来は、真剣に議論し合う関係になることもありそうだね。林田
  • 碓田その時は、お手柔らかに…(笑い)。

閉じる

03

同期を軸に、人脈を広げていく

同期を軸に、人脈を広げていく

  • 碓田こうやって直接会わなくても、建築のことでわからないことがあれば、林田くんに電話して聞いてるよね。それと、工務部から一時的に改良建設部に異動してくる人もいるから、その人を通じて互いのネットワークが広がることもあるしね。
  • 他部署のことで、知りたいことがあれば、まずは同期に相談してみる。そういう意味では頼もしい存在だね。そのことだったら、誰々さんに聞くといいよとアドバイスすることもできるし…。そうやって人脈がどんどん広がっていくといいと思う。林田
  • 碓田どの部署もそうだと思うけど、上司や先輩とも気軽に話せる雰囲気がある。特に工務部と改良建設部は、プロジェクトへの関わり方だったり、そのプロセスも似ているので、共通の文化というか雰囲気があるよね。
  • 同じ目標に向かって、工事を引き継いでいく関係だからね。ところで、碓田くんは、将来、東京メトロのなかで、どんなふうに成長していきたいと考えているの?林田
  • 碓田異動が多かったので、いろんな先輩、上司との出会いがあった。それぞれの尊敬できる部分を見習って、真似して、すごいなと思える人たちに一歩でも近づいていけるようになりたいと思ってる。
  • 尊敬するのは、どんな先輩?林田
  • 碓田決断力のある人かな。自分では決められずに悩んでいる時に、責任をとるから、これで行け!と指示してくれる人。仕事の目標に向けて、明確なイメージを持っている点がすごいと思う。林田くんの将来像は?
  • 幅広く、他部署との友好関係を築いて、大事にしていきたい。他部署でも、林田に聞けと一目置かれるような存在になりたいと思うんだ。自分たちだけでは、仕事は前に進んでいかないので、何かあった時に、相談できる、協力し合える関係にあることは大事なことでしょ。林田
  • 碓田いまの職場は、比較的若いメンバーで構成されていることもあって、活気があって、各自が担当業務に責任をもって取り組んでいる。ONとOFFとのメリハリのある切り替えができる人が多いというのも、東京メトロの特長かな?
  • 業務には集中力を持って取り組み、遊びも全力で弾ける。林田
  • 碓田仕事では、しっかりとフォローしてくれるし、仕事以外の面でも尊敬できる先輩が多い。プライベートなことでも、気軽に相談に乗ってもらえるので、安心して入社してきて欲しいね。
  • おっと、きっちりと締めましたね。では次回は、碓田くんの趣味である映画館通いと革靴の手入れについて掘り下げることにしましょう(笑い)。林田
  • 碓田それは宴の席でね。機会をつくって、また話しましょう。

閉じる

※内容は取材当時のものです