東京地下鉄株式会社 新卒情報 : TOKYO METRO RECRUITING

社員インタビュー

信通(電気職種)

この部門の仕事を見る

東京の交通インフラを
支えていくのは、
自分たちなんだという想い。

塚本 翔太SHOTA TSUKAMOTO

2014年入社

Career

  • 2014年
     電気部
     有楽町・副都心線信通区 電気係
人を知る

東京を支え、誇りをもって取り組める仕事

父親が電気設備や空調設備を取り扱う事業を営んでいたこともあって、電気関係の仕事には以前から興味がありました。大学時代は、電気系、電子回路系、情報通信系について幅広く学び、画像処理のプログラムについての研究も行っていました。就職活動にあたって考えたのは、自分の強みを生かすこと。これまでの学びを生かせる場所として社会インフラ系の設備を取り扱っている企業に注目しました。なかでも、より多くの人々と直接関わるような分野として、鉄道業界に関心が向くようになりました。
私は東京で生まれ育ち、東京から離れたことはありません。

そんな愛着のある東京という都市を支え、より多くの人々の生活に密着し、人々の役に立つサービスを提供できる鉄道会社はどこか?と考えれば、答えは明白でした。印象的だったのは、東京メトロの説明会に参加したときの電気職種の先輩社員の言葉です。自分たちが行なっているのは、お客様の目に触れることのない作業だけれど、自分たちがいなければ、電車を走らせることはできないという自負をもって仕事をしていると発言されていました。そんなふうに誇りをもって日々の仕事に取り組めるのは、素敵なことだなと感じましたし、私自身も、そういう環境に身をおいて仕事がしたいと思いました。

仕事を知る

信号と通信、両分野に精通したエキスパートに

入社から現在に至るまで、電気部の有楽町・副都心線信通区で仕事をしています。信通とは、信号・通信の略称で、主に電車を走らせるために必要となる信号設備、電話や列車無線といった連絡手段に用いられる通信設備の保守管理を担っています。信号・通信設備は弱電と呼ばれる低電圧の電力で動作する末端設備であり、設備量も膨大となります。加えて、有楽町・副都心線信通区では開業時期の異なる2路線を担当していますので、多種多様な装置の保守に精通する必要があり、装置ごとの仕様や検査内容を習得するのにも苦労が絶えません。しかし、多くの装置に触れて学べる環境があることを前向きに捉えて、ここでしか経験できないことも多いと思うので、それらを自分自身の成長につなげていきたいと思っています。

信通区は、信号区と通信区が統合された部署ということもあって、信号のエキスパート、あるいは通信のエキスパートとして、それぞれの強みを生かした活躍をされている先輩たちが多いのです。私の場合、入社以来、両方の装置に関わって仕事をしてきているので、信号装置にも通信装置にも精通したエキスパートとして、塚本に聞けば必ず答えが返ってくると言われるような存在となりたいと考えています。そのためにも、後輩に聞かれてわからないことは、その場で一緒に調べて解明する。勉強会などがあれば自発的に参加するなど、自らの成長機会を積極的に創り出す努力を続けていきたいと思います。

この職種を目指す学生へメッセージ

担当業務への理解が、モチベーション向上につながります

信号・通信設備を取り扱う私たちの仕事は、列車運行に直接関わる重要な仕事ですが、お客様の目に触れる機会は少なく、お客様から直接、感謝の言葉をいただくことはほとんどありません。しかし、経験を重ね、自分が行っている業務が、列車運行をどのように支え、日々の安定輸送にどのように貢献しているのかを理解できるようになってくると、東京の交通インフラを支えているのは自分たちなんだという意識が芽生え、そのことに誇りを感じ、高いモチベーションをもって日々の業務に取り組むことができるようになっていくのです。そして、こうした手応えを感じられるのも、東京メトロのエキスパート職として現場を支えているからこそなのです。互いに刺激を与え合いながら、共に成長していきましょう。

一覧へもどる

※内容は取材当時のものです