東京地下鉄株式会社 新卒情報 : TOKYO METRO RECRUITING

社員インタビュー

電機(電気職種)

この部門の仕事を見る

多くの人と出会い、
さまざまな考え方に触れながら
新しい一歩を踏み出していく。

佐藤 里咲RISA SATOH

2014年入社

Career

  • 2014年
     電気部
     半蔵門線電機区 電気係
人を知る

男女の区別なく第一線で働ける環境

東京メトロを就職先として考えるようになったのは、高校時代に最もお世話になった恩師に勧められたことがきっかけでした。その先生には資格取得の際など熱心に指導していただき、就職についても相談させていただいていました。高校で学んだ電気の知識や技能を活かして、現場の第一線で働きたいと希望を伝えると、女性が働きやすい職場作りに力を入れている東京メトロを紹介してくれたのです。
とはいえ鉄道会社での電気の仕事と言われても、それまで、あまり電車に乗る機会もなかった私には、まったくイメージすることができませんでした。

そこで会社見学に参加してみると、変電所や電気設備、通信設備などを実際に見ることができ、こうした設備の保守管理を行う仕事であることを理解できました。特に印象的だったのは、現場の第一線で働く女性社員にお会いして、直接、話を聞けたことでした。けっして女性だからというわけではなく、一社員として、その振る舞いだったり、考え方に共感できましたし、その姿が私にはとても魅力的に映りました。私もこんなふうに働きたいと思えたのです。そして、東京メトロには、男女の区別なく働ける仕事と環境があることを知り、この会社で活躍したいと強く思うようになりました。

仕事を知る

経験を重ねながら、知識を広げ、技術を磨く

私が所属する半蔵門線電機区は、担当路線内の電気設備や機械設備の保守管理を担う部署です。列車に電気を供給する架線をはじめ、駅施設の照明、エスカレーター、空調・換気設備、防災設備、排水設備など、多様な設備を取り扱います。日中は徒歩で巡回し、トンネル内の設備を点検。夜間には保守用車に乗り込み現場に移動して、送電を停止して行う作業に取り組んでいます。以前は保守用車の運行補助を行ってきましたが、資格を取得し、今は運転も担当できるようになりました。また、設備図面の更新や訂正、非常灯、誘導灯の整備も担当するなど、多くの作業を経験しながら、技術を磨いています。

電機区では、架空電車線の断線等を想定し、これを応急復旧させる時間や正確さを競う技能競技会が定期的に開催されていますが、2016年11月に開催されたこの競技会に、私は職場の代表として参加し、最優秀賞を受賞することができました。競技会に向け、練習を重ね、技能を磨くとともに参加メンバーとの信頼やチームワークを築けたことは、自身が成長する上で大きな手応えを感じました。現在は、業務改善活動のメンバーとして、業務上の問題点や改善すべき課題を抽出し、その対応策をまとめ、提案するという活動に携わっています。他の参加メンバーの問題意識や一つひとつの作業に対する持論や意見を聞くことができますので、それらの視点を、今後の私自身の作業にも取り入れ、活かしていきたいと考えています。

この職種を目指す学生へメッセージ

気負うことなく、楽しみにして、入ってきてください

電気を学んできたみなさんが、培った知識や技能を、現場の第一線で活かしたいとお考えなら、東京メトロという会社には、その情熱に応えられるだけの環境が整っています。多くの人との出会いがあり、さまざまな考え方に触れることで、新しい一歩が踏み出せる。確かな目標を持って頑張っていれば、そっと背中を押して、支えてくれる人がいる環境です。私自身、電機区に配属された初の女性社員として、後に続く後輩たちの道を拓きたい、電機区に女性を採用したことを後悔させたくはないと、日々の作業に取り組んできました。時には、そんな想いがカラ回りすることもありましたが、先輩たちがかけてくれる声に、何度も勇気づけられました。「気負わずに、もっと楽しもうよ」と。

一覧へもどる

※内容は取材当時のものです