東京地下鉄株式会社 新卒情報 : TOKYO METRO RECRUITING

社員インタビュー

変電(電気職種)

この部門の仕事を見る

変電設備と向き合って
電気の安定供給を支え、
社会に貢献したい。

及川 翼TSUBASA OIKAWA

2013年入社

Career

  • 2013年
     電気部
     白金変電区 電気係
人を知る

電気がなければ列車を走らせることはできない

電気に関して幅広く学んできたので、その知識を生かせる仕事に就きたいと考えていました。電気をつくり供給する会社もあれば、電気を利用してサービスを提供している会社もあります。後者に的を絞った時に、浮かんできたのが鉄道会社でした。列車は電気で走っているし、駅にも電気を利用する様々な機器があります。そんな電気がなければ成り立たないサービスを提供している会社なら、自分が活躍できる場所があるのではないかと考えました。また、卒業後は、親元から離れて自立したいと考えていましたから、首都圏の鉄道会社を、先生から紹介していただきました。

なかでも東京メトロは、首都東京の列車運行の中核を担い、朝夕のラッシュ時は特に多くの人々を輸送していることを知り、興味を持ちました。会社見学に参加した時に、変電設備をはじめ多くの電気設備を自分の目で確認できました。そして、こうした設備機器と向き合って仕事をする自分自身の姿をイメージできたのです。特に、変電の仕事は、家庭で使っている電気とは桁外れな高圧の電力を取り扱っていると聞き、探究心を刺激されました。普段なら取り扱うことのできない特殊な設備に触れ、その仕組みを理解し、その保守を担うという特別な任務を背負って、仕事をしてみたいと思いました。

仕事を知る

変電設備の保守管理を通じて、安定運行に貢献

入社以来、上野変電区に在籍し、変電設備の保守点検、修繕、改良などの業務を担当しています。東京メトロでは、電力会社から特別高圧で受電した電力を、それぞれの用途に応じて、変圧・変換して、利用しています。そして、この変圧・変換を行う設備が格納された施設が変電所です。上野変電区では21の変電所を管轄しており、これらの変電所に格納された遮断器、変圧器、整流器等の設備を監視し、不具合等があれば、迅速な対応によって、復旧を図っています。
2ヶ月に1度行う設備全般検査では、各変電所を巡回し、通電状態で各設備の外観をチェックして、正常に稼働していることを確認します。さらに各機器の電圧、電流、温度や圧力等を測定し記録を取ることで値の変化を捉え、故障を未然に防ぐための判断材料とします。

また、2~3年間隔で実施される定期検査では、終車後に各機器を停止させ停電状態とした上で、分解点検や試験機器を用いた測定などを行い、機器の保全維持と修理を行っています。
終車後の限られた時間内に作業を完了させるためには、チーム内のコミュニケーションが欠かせません。配属当初、周囲との意思疎通がうまくいかずに作業時間を伸ばしてしまいました。そこで普段から積極的に会話することを心がけ、作業中にも自然に声を掛けあえるようになりました。これは怪我やヒューマンエラー防止の面でも重要であり、現在も積極的に声をかけ、互いを理解することに努めています。

この職種を目指す学生へメッセージ

電気技術者としての成長を支える環境がある

変電所は、電車線および駅構内設備への電力供給という重要な役割を担っています。点検作業において、作業手順や取り扱いを誤れば、事故や運行支障につながりかねません。常に緊張感を伴う仕事ですが、朝、作業を終えて、始発が普段通りに運転を開始するのを見ると、自分たちの仕事によって今日も安定運行が保たれていることを実感し、手応えを感じます。変電区には、後輩たちの成長を見守り、成長へと導いてくれる風土が根付いていると思います。どの先輩も話しやすく、相談もしやすいので、安心して入ってきてください。そして、自ら手を動かし、積極的に経験を重ねていこうという姿勢を持って、電気技術者として確かな存在感を示していけるように、共に成長していきましょう。

一覧へもどる

※内容は取材当時のものです