東京地下鉄株式会社 新卒情報 : TOKYO METRO RECRUITING

社員インタビュー

駅(運輸職種)

この部門の仕事を見る

東京の案内人として
お客様と真摯に向き合いながら
質の高いサービスを提供する。

葛西 成翼NORISUKE KASAI

2016年入社

Career

  • 2016年
     営業部
     飯田橋駅務管区 駅務係
人を知る

持ち前の強みを、発揮できる仕事

学生時代には、テニスサークルのマネージャーを務め、100人を越える規模のサークル運営にあたりました。練習中に怪我人が出たときに備え、練習場近くの病院の診療時間をあらかじめ調べておいたことで、迅速な対応ができ、メンバーから感謝されたことを覚えています。地味な裏方の仕事でも、その役割を全うしようと努力をすることで、周囲の信頼を得られるということを学びました。
父が鉄道会社で働いていたため、早くから鉄道関係の仕事に就きたいと考えていました。なかでも普段から通学に利用してきた、最も身近な鉄道会社が東京メトロでした。

首都東京の中心部で、多くのお客様にご利用いただいている鉄道会社だからこそ、大きな使命感とやりがいを感じながら、誇りを持って仕事ができると思いました。普段は、何気なくご利用いただいている駅においても、緊急時の駅係員の迅速な判断や対応が、お客様の安全を守ることにつながります。そのために地道な業務も怠ることなく努力を重ね、お客様に安全とサービスを提供する。マネージャーを務めていた頃のように、裏方の仕事も多いのだろうと想像しましたが、そういう仕事だからこそ、自分の強みを発揮できるのではないかと考えました。

仕事を知る

職務を確実にこなし、将来は人材育成に携わりたい

駅での仕事は、大きく3つに分けることができます。1つ目は、改札(インフォメーションカウンター)でのお客様対応。乗越精算や払戻し、乗換のご案内や駅周辺施設へのご案内などを行います。2つ目は、ホーム上の安全確認。乗降時のお客様の安全を確保し、列車の安定輸送を支えます。3つ目は、駅事務室でのお客様対応や事務作業。電話でのお問い合わせやお忘れ物の捜索なども行います。これらの業務を、休憩を挟みながらローテーションで担当するのが、駅係員の日常の業務です。これらの業務に加えて、私は現在、設備担当として駅の設備面での改善提案を行う役割も担うようになりました。社会構造の変化によって、お客様のニーズは多様化しています。

エレベーターの設置や案内看板の多言語化をはじめ、乗換案内をよりわかりやすい表示に改善できないかなど、ハード面での新しい施策を検討し、提案しています。こうした新しい仕事を経験しながら、駅係員としての視野を広げ、一つひとつの業務を確実にこなすことが現在の目標です。
そして、その先には、人材育成に携わりたいという想いがあります。新入社員である私たちを導き、指導にあたってくれた先輩社員の背中を頼もしく魅力的に感じ、将来は人を育てる仕事も経験してみたいと思いました。駅でのあらゆる業務を経験し、何事にも精通した社員に成長して、後輩たちを指導・育成する仕事に携わってみたいと思います。

この職種を目指す学生へメッセージ

誇りと情熱をもって、業務に取り組める環境

制服と制帽で身を包み、駅に立つ社員を見て、どこかお堅いイメージを持たれている方も多いのかもしれません。正直、入社前の私もその一人でした。しかし、入社してみて今思うのは、社員は皆明るく爽やかで、笑顔の絶えない職場だということです。互いに支え合い、チーム一丸となって課題解決に挑みます。そして業務では、お客様と真摯に向き合い、真心をこめた接客を行い、困っているお客様を見かけたら積極的に話しかける行動力を備えています。東京の案内人として、お客様に最も近い場所で働いているのが、私たちエキスパート職です。お客様の生の声に接し、お客様の視点に立ったより質の高いサービスを考え、東京を走らせることができるのは、現場で働く私たちなのです。

一覧へもどる

※内容は取材当時のものです